Personal tools

Let's Postgresが1周年を迎えました

Let's Postgres この1年のあゆみ

早いもので、この11月18日で Let's Postgres がオープンしてから、ちょうど一年になります。PostgreSQLに関する情報を集めて発信していくサイトを作ろうと、手探りでWebサイトを立ち上げて以来、延べ約10万人の方に閲覧していただきました (10月29日に10万人を突破しました)。みなさまのご愛顧に感謝いたします。

この記事では、Let's Postgresオープン1周年を記念して、この間の歩みを振り返り、よりよいサイトにしていくためのヒントを探したいと思います。

1. 閲覧数の推移

Let's Postgres の閲覧数 (page view) は、1年で大きく変動しました (図1)。

閲覧者の推移

オープン直後のピークは、たくさんのサイトに掲載してもらった効果です。その後はいったん閲覧数が落ち込みますが、その後は記事の増加に伴い順調に成長を続けています。

この図で特に興味深いのは、7月第1週にPostgreSQL8.4にリリースされた直後のピークです。後でご紹介しますが、Let's Postgresをご覧になる方は、バージョン8.4への期待が高く、検索ワードでも"8.4"が指定されることが多いです。逆に、5月と9月の連休には閲覧数が落ち込んでいます。普段の週も平日にアクセスが多く、土日に減るというパターンが見られることから、ご覧になる方は、仕事の上での必要があって記事を読んでいただいているのでしょう。この点からは「仕事に役立つ Let's Postgres」と言えそうです。

2. 読まれた記事・多かった検索ワード

Let's Postgresでは技術系の記事を中心として、PostgreSQLの適用事例やコミュニティ活動の報告までさまざまな記事を掲載していますが、アクセス情報の結果からは、読まれているのはやはり技術系の記事が大半でした。特に閲覧が多かった記事の Top 20 を表1に示します。

表1:良く読まれた記事 Top 20
順位 タイトル 閲覧数
1 PostgreSQL 8.4 の新機能 18872
2 WindowsでPostgreSQLを使ってみよう 7444
3 PostgreSQL 超入門 第1回(1) 5895
4 PostgreSQLでXMLを処理してみよう 4969
5 CentOS で PostgreSQL を使ってみよう(1) 4678
6 キャストを追加してバージョン互換性を保つには 4282
7 これを読めば PostgreSQL の全てが分かる PostgreSQLガイドブック(1) 4265
8 CentOS で PostgreSQL を使ってみよう(2) 4222
9 再帰SQL 4065
10 文字列型の使い分け 3684
11 スロークエリの分析 3667
12 PostgreSQL 8.4 Released 3663
13 ロケール(国際化と地域化) 3240
14 Window関数 3095
15 これを読めば PostgreSQL の全てが分かる PostgreSQL ガイドブック (2) 3038
16 Mac OS X で PostgreSQL を使ってみよう (1) 2967
17 PostgreSQL上にMediaWiki環境を構築 (1) 2948
18 これを読めば PostgreSQL の全てが分かる PostgreSQL ガイドブック (3) 2939
19 パーティショニング : 用途と利点 2920
20 パーティショニング : 使い方 2915

この表1からは、トップページやリンク集になるページは除いてあります。全体として、技術系の記事が良く読まれていることがわかります。トップは「PostgreSQL8.4」で、2位の記事の2倍以上の閲覧がありました。また、CentOS、Mas OS等の環境へのインストール記事も人気がありました。

Let's Postgres を見に来てくださる方の約6割は検索エンジンを経由して、このサイトにたどり着いています。良く読まれている記事と並んで、検索ワードにも、読者の関心が現れています。良く使われている検索ワードをみましょう(表2)。

表2:良く使われるキーワード
順位 キーワード 利用頻度
1 8.4 3053
2 入門 1299
3 xml 1217
4 postgres, postgresql 1115
5 cast, キャスト, 型変換 891
6 cento 818
7 インストール 786
8 lets 750
9 mac os, osx 644
10 パーティショニング, パーティション 496
11 windows 385
12 ubunts 310
13 再帰 263
14 コマンド 246
15 index, インデックス 207
16 新機能 203
17 ログ 172
18 チューニング 149
19 update 97

表2は、検索用に直接使われた文字列ではなく、注目されているキーワード別に頻度を整理しています。例えば、一部のキーワード(PostgreSQLとPostgres、castとキャスト、型変換)は1つにまとめています。表1の良く読まれた記事と同じく「8.4」に関心が集まっていることがわかります。次点が「入門」となり、以下「XML」、「キャスト」などの記事が続きます。「インストール」というキーワードの頻度の高さは(OSの名前のキーワードとともに)インストール記事の人気の高さを示しています。

3 Let's Postgresの編集方針について

Let's Postgres運営実行委員会では、3か月に1度をメドとして、記事の大まかな方向性を決めるため、企画会議を開いて、検討します。企画会議の際には、この記事でも紹介しているようは、閲覧者の動向データや委員会以外でPostgreSQLに関心を持っている方の意見も伺って、方針を決めます。

これまでの方針をご紹介しますと;

2008年11月の発足まで
PostgreSQLの情報を発信するWebサイトの基盤になる記事として、DBMSの使い方から解説した「超入門」と当時の最新版である8.3の全体的な解説記事の最初の部分を載せることにしました。それらは連載形式として、毎週少しずつでも進化するサイトを目指しました。
2009年1月
最初の企画会議を2009年1月に開きました。当時は、とにかく記事の絶対数が少ないので技術的な記事のうちでも入門的な記事を中心に執筆を進めることとしました。また、XMLの利用法などのプラスアルファの工夫を要する機能についても、解説したいと考えていたところ、寄稿してくださる方がいらっしゃったため、連載形式での執筆をお願いしました。
2009年4月
第2回の企画会議では、入門記事を揃えるのは一段落して、もう少し技術的に深い(難易度の高い)ものも載せるようにしました。また実際にPostgreSQLを利用する上で必要となるインストール手順について、各プラットフォーム別の記事を用意することでもっとユーザを増やそうと考えました。サイト開設時からの懸案になっていた利用事例の記事についても、前年11月のPostgreSQL事例カンファレンスの講演者にお願いして記事を出してもらって、サイトの充実を図ることとしました。
2009年7月
このころには記事数も増えてきて、もう全体を整理してはどうか、という意見が聞かれるようになりました。それに対する試みとして、トップページの構成を手直しすると同時に、サイト内の記事への目的別ガイドである「マップ」を用意するなど、サイトの読みやすさを向上する工夫にも取り組んでいます。また、わたくしたちの活動に注目してくださった、技術評論社様とのタイアップ企画として、連動企画「今こそ!PostgreSQL」を実施することとしました。

4. まとめ

すこし長くなってしまいましたが、この1年の歩みを振り返ってみました。良く読まれている記事、使われている検索ワードからは、最新版のPostgreSQLに関する情報、各OSごとのインストール方法の人気が高いことが窺われます。今後もこの方面を継続して記事にしていきたいと思います。また、入門段階の次に読まれる記事として、各機能の詳しい解説も人気が高く、この方向も継続すべきでしょう。最後に、今回の閲覧者データでは人気が少ないのですが、各種のアンケートでは必ず要望が出る利用事例についてもは、引き続き取り組んでいきたいと思っております。

Let's Postgresへのご愛読ありがとうございます。編集委員一同、改めてお礼申し上げます。

 

You are here: Home 読み物 運営実行委員会 Let's Postgres 1周年